セミナー:蚊媒介性ウイルスとケニアにおけるJICA-SATREPSプロジェクトの活動

掲載日:2016.05.09

この度、本学大学院獣医学研究科は、長崎大学熱帯医学研究所ウイルス学分野より、井上真吾先生をお招きし、本学OIEセンターと共同でセミナーを開催致します。
井上先生は、永らく国内外においてデングウイルス、日本脳炎ウイルスといった蚊媒介性ウイルスの研究、教育に従事されてきました。現在は、ケニア共和国において、JICA-SATREPSプロジェクト「ケニアにおける黄熱病およびリフトバレー熱に対する迅速診断法の開発とそのアウトブレイク警戒システムの構築」に参加され、現地で研究、教育に御尽力されています。

講演には、どなたでも参加できます。参加費は無料、事前受付不要です。皆さま万障繰り合わせの上、是非ご参加ください。

日時: 2016年5月16日(月)
第一部:10:35~12:00 「蚊媒介性ウイルスの診断法」
第二部:13:00~14:30 「ケニアにおける蚊媒介性ウイルス病に対するJICA-SATREPSプロジェクトの取り組み」
場所: 酪農学園大学 C4号館 102教室

ポスター